キャンプだけじゃない!軽量コンパクトな折りたたみ椅子『Helinox Chair One(ヘリノックス チェアワン)』は運動会や花火大会でも大活躍

キャンプ場・野外で使っている様子/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)
こんにちは、田口です。

キャンプやBBQなど野外で時間を過ごすとき、レジャーシートを広げて座るのも楽しいのですが、固い地面や凸凹形状だと座り心地が気になりますし、何度も立ったり座ったりを繰り返していると、膝や腰への負担も大きくなってきます。

そこで便利なのが、アウトドア用の折りたたみ椅子。

中でも僕のお気に入りは、この『ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)』です!

チェアワン お気に入りポイント

ヘリノックスならではの圧倒的な軽さとコンパクト性、それでいて組み立てやすさも抜群で、座り心地も快適。

これからアウトドアチェアの購入を考えている知人に「何がいい?」と聞かれたら、胸を張っておすすめできるくらい総合的に優れていると思います。

見た目やデザインも気に入っていて、あまり存在を主張し過ぎない感じというか、一般的なキャンプチェアと比べると大げさな感じがないので、とても使いやすいです。

開封&組み立て

届いた状態・新品/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)
ビニールに梱包されて届きました。

スマホとの大きさ比較/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)スマホとの大きさ比較。片手で掴めるポーチのようなサイズ感です。
メーカー公式の情報によると、収納サイズは350×100×120mmで、重量は収納バッグ込みで960gとのこと。

スタッフバッグ・収納袋のファスナーを開ける・開く/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)
スタッフバッグを開けたところ。
バッグの裏側には組み立ての手順がプリントされていました。
ただ、組み立ては本当に簡単なので、これを見なくても直感でいけます。

シートとフレーム/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)
さっそく取り出していきましょう。まずは座面のシートに包まれていたアルミフレームが現れました。

超軽量アルミニウムポール・フレーム/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)
こちらが超軽量アルミニウムポール・フレーム。軽いのにしっかりとした強度です。

折りたたまれたシート・座面/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)
折りたたまれた座面シートを取り出しました。

折りたたまれたシートを少しずつ広げていく/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)
少しずつ広げていきます。新品のときが一番キレイに畳まれているんですよね。

折りたたまれたシート・座面/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)
こちらが一回広げたところ。

シート・座面を折りたたむ/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)
次は左右にパタパタ。

シート・座面を広げたところ/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)
あと一回広げたら展開終了。収納するときは逆の手順で戻していきます。

ショックコード入りのアルミポール/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)
アルミポールには伸縮性のあるショックコードが入っているので、それらを伸ばすように組み立てていけば簡単です。

フレームを組み立てたところ・超軽量アルミニウムポール/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)
こちらがフレームを組み立てたところ。ポールの長い方が背面です。
なんとなくカニが威嚇しているようにも見えますね。

フレームの詳細・細部・接続部分・ジョイントパーツ/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)
各ポールの接続部分には頑丈な樹脂パーツが使われていて、体重をしっかり支えられるようになっています。耐荷重は145kgとのこと。

シートに付いているソケット・差し込み口/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)
座面シートに付いているソケット。ポールの先端を4ヵ所差し込むことで、フレームに取り付けられます。ここも頑丈な造りになっているので安心して体重を預けられます。

完成形・組立て完了・正面/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)
あっという間に組み立て完了。
熱がこもりやすい背中と太もも付近は通気性のいいメッシュになっています。

完成形・組立て完了・横から/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)
横から見たところ。座ると身体にフィットするようにたわむので、見た目より角ばった感じはなくなり、もう少しスリムになります。

ちなみに肘掛けは付いていませんが、個人的には無くて困ったことはありません。

キャンプ場でのんびりくつろぐ/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)
キャンプ場でのんびりくつろいでいるところ。景色のいい場所を見つけたら、さっとチェアワンを組み立てるだけで、自分だけの特等席が作れます。

湖畔/ヘリノックス チェアワン (Helinox Chair One)
キャンプ場で焚き火を囲んでお酒を呑んだり、静かな早朝にコーヒーをゆっくり味わうなら必須のキャンプチェアですが、さらに軽量コンパクトなヘリノックスであれば、運動会や花火大会、お花見やピクニックなど、日常の幅広いシーンでも大活躍します。

リュックや鞄にポイッと入れられる気軽さなので、車がなくても持ち歩けますし、設置&撤収が簡単なのも魅力です。

しばらく使ってみて気付いたところ

周りのキャンパーと被る

さすが大人気のヘリノックス。キャンプ場でふと周りを見渡すと、両隣とも同じチェアワンなんてこともあったくらい、とても被りやすいです。

僕はちょっと照れるくらいであまり気にしませんが、キャンプ好きな人はオリジナリティを求める人も多いので、他人と被りたくない場合は定番のブラックを外して選択するといいかと思います。今はチェアワンだけでもたくさん種類が出てますからね。

柔らかい地面だと椅子の脚が埋もれる

椅子を設置する場所が硬い地面であればいいのですが、柔らかい砂地や、ぬかるんだ芝生などの土壌だと、座っているうちに椅子の脚が埋もれてしまうことがあります。

まったく座れないことはないのですが、バランスの悪い状態で使っているとちょっとした動きでも転けそうになるので、小さい子供がいるときは心配です。

僕はまだ持っていませんが、ヘリノックスから「チェア ボールフィート」というボールのような丸いパーツが出ていて、これをチェアワンの脚に取り付けると、沈み込みが防げるようです。

また、チェアワンを室内で使う場合にも、床に傷がつくのを防いでくれる効果があるそうなので、持っておくと臨時の来客用とかにも役立ちそうですね。

 
 
ヘリノックス チェアワンは、価格が12,000円くらいと安くはありませんが、重くて大きい安いものを買って、結果なかなか使う機会がなくなるより、多少高くても軽くて小さいものを選んで、日常からどんどん使っていく方が絶対にコストパフォーマンスは高いと思います。

こんな記事もあります

7月に入り、これからいよいよキャンプシーズン到来! キャンプといえば自然の中での寝袋&テント泊が定番ですが、いつも寝慣れているベッ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告