【NO PILLOW,NO LIFE.】いつでもマイ枕を持ち運べる枕専用『ピローバッグ』

表面/ピローバッグ・Pillow Bag
こんにちは、田口です。

旅行や出張先などで、『枕が合わなくて、ぐっすり眠れなかった…』という経験はないでしょうか?

昔から「こだわり派」の人や、「自分の枕じゃないと眠れない!」という人は、旅行の時でもマイ枕を持参しているようですが、これからは誰もが当たり前のように枕を持参する時代が来る!そう思わせる新提案のアイテムが登場しました。

『ピローバッグ』枕を持ち運ぶという新提案

裏面/ピローバッグ・Pillow Bag
枕は毎日毎晩、私たちの眠りを陰ながら支えてくれている一番のパートナー

ホテルの枕が合わないのは、そのパートナーとの相性が良くないとも言えます。

そこで「ピローバッグ」の登場!

普段から相性ピッタリの枕をピローバッグに入れて持ち運べば、外出先でも快適にぐっすり眠ることができるのです。

ロゴ・枕・NO PILLOW,NO LIFE./ピローバッグ・Pillow Bag
ピローバッグの表面には「」というシンプルなロゴと、NO PILLOW,NO LIFE.の文字がプリントされています。

しっかりとした縫製・縫い目/ピローバッグ・Pillow Bag
素材は不織布ですが、縫製がしっかりとしているので、安心して枕を入れられます。

マチ付きで厚みのある枕も対応/ピローバッグ・Pillow Bag
バッグの底にはマチが付いており、厚みのある枕にも対応。

43×63の枕を入れている様子/ピローバッグ・Pillow Bag
写真は43×63cmの枕を入れているところ。広口なのですっぽり入ります。

すっぽり枕が入る広口設計/ピローバッグ・Pillow Bag
43×63cmがちょうど良く収まる大きさですが、伸縮性のある素材の枕であれば、もっと横長のものでも収まりました。

女性がピローバッグを持っているところ/ピローバッグ・Pillow Bag
女性がピローバッグを持ったところ。取っ手が肩に掛けられるようになっているので、持ち運びも簡単です。

折りたたんで収納できる・コンパクト・省スペース/ピローバッグ・Pillow Bag
使わない時は折りたたんで収納できるので、場所を取らずカバンの中にも入れておけます。
 
 
今はまだ少数派かもしれませんが、いずれピローバッグに枕を入れて持ち歩くのが当たり前の世の中になるかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告