生でも食べられるとうもろこし「白くまコーン」がめちゃ旨い!

僕がまだ小学生だったころ、夏休みや冬休みになるたびに祖父の家へ遊びに行っていました。長野県木曽郡という山の中にある田舎ですが、水も空気も綺麗で本当に素敵なところです。

そこでは夏になると自家栽培のとうもろこしがたくさん採れるので、それが毎年子どもたちのおやつの定番になってました。
そのためなのか今でも夏になると無性にとうもろこしが食べたくなります^^

一年越しの白くまコーン

昨年、同じくネットショップを運営している知人から「白いとうもろこし」が美味しいという話を聞きました。

フルーツ並に甘くて生でも食べられるというそのとうもろこしは、その場にいた他の店長仲間も声を揃えて絶賛するほど、今までに食べたことのない味だというのです。

それほど言うならぜひ食べてみようと思ったのですが、残念ながらその頃には年内の注文分が終了してしまっており、結局食べることができなかったんです。

あれから一年・・・

今年こそは!と思っていたところ、なんとそのとうもろこしを販売している「北海道の海鮮お取り寄せ かに太郎」さんから、貴重な白くまコーンを送っていただけることになりました!(深瀬さんありがとうございます)

本当に真っ白だった!

白くまコーンの別の名は「ピュアホワイト・ホワイトレディー」。その名の通り、皮をめくってみたら本当に真っ白でした!
近くに黄色いとうもろこしがあるとその花粉がついて黄色くなってしまうのだそうで、すべて白粒にするには徹底した管理が必要とのこと。
育てるのが難しい上に一度に収穫できる量も限られているそうなので、さすが北海道でも入手困難と言われるだけのことはあります。

めちゃくちゃ甘い!

生でも食べられるということなので最初の1本はそのままいただきました。
最初は大丈夫なのか半信半疑でしたが、茹でてないのに瑞々しくて甘い!
それもそのはず、白くまコーンは糖度17度以上という驚きの甘さなんです。

でもやっぱりとうもろこしは熱々が好き(^^)次は茹でてみました。

真っ白だった粒がほんのりと黄色に変わり、立ち上る湯気からいい香りがしてきます。

そして食べてみると・・・

めちゃくちゃうまい!
大袈裟ではなく、いままで食べたとうもろこしで一番です!
しかも生で食べた時に比べてさらに甘くなりました。

届いたらすぐに食べる!

とうもろこしは収穫されたあとも糖分を使って成長し続けるそうなので、できるだけ早く食べたほうが甘くて美味しいんです。

「北海道の海鮮お取り寄せ かに太郎」さんは、朝に収穫したものをその日のうちに出荷してくれるため、本島であれば翌日には手元に届きます。

毎年予約待ちになるほどの大人気商品ですが、もし食べる機会がありましたら出来るだけ新鮮なうちに食べてくださいね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告