山も海も、街もプールもこれ一枚。夏は水陸両用「バギーズ・ショーツ」が快適!

この記事は約3分で読めます。

パタゴニア バギーズパンツ

先日、今年はじめてのキャンプに行ってきたのですが、そこでデビューしたのが知る人ぞ知る、パタゴニアの「バギーズ・ショーツ」です。

一見すると普通の短パンですが、とても軽くて汚れに強く、水に濡れてもすぐに乾くし、カラー・デザインもよくて機能的。といった、いいとこ取りのアウトドアパンツなんです。

毎年即完売の人気アイテム

実は昨年の夏にバギーズショーツを知って、すぐに買いたい!と思って探したんですが、どこのお店を見てもすでに売り切れとなっていました。

このときに知ったのですが、Patagoniaパタゴニアのバギーズショーツは1982年登場と歴史が古いにも関わらず、毎年新作が発売されるたびに完売になるくらい超人気のシリーズで、僕が欲しいと思ったときには完全に後の祭りだったのです。

そのため次回の発売のときはすぐに注文しようと、年が明けてからは事あるごとにネットでチェックしていました。

一年越しで手に入れたバギーズパンツ

パタゴニア バギーズショーツ
楽天市場やYahooショッピングを眺めながら、今年は遅いなー、もうそろそろ出てもいいのになーと思っていると、ふと奥さんから「そういえばもう出てるよ」という衝撃のコメントが。

慌てて公式サイトを見ると、確かにバギーズショーツの新作が販売されていて、さっそく売り切れになってるカラーもいくつかありました・・・。

なぜ?と思っていろいろ調べていると、どうやら昨年末からメーカーであるPatagoniaパタゴニアがインターネットショッピングモール(楽天・Yahoo!・Amazonなど)での販売を禁止にしたそうで、ネットでは自社のWEBサイトを持っているところでしか購入できないことになっていたようです。

急いで売っているネットショップを探し、購入したのはFreak(フリーク)というお店。
パタゴニアの公式HPでは完売だったカラーやサイズも、このときは在庫も潤沢で、注文した翌々日には家に届きました。

パタゴニア バギーズショーツ
僕が選んだのは、バギーズショーツのロングタイプ。カラーはこの春に新色として追加された「TATE」という淡いブルーにしました。

サイズは迷った挙げ句、Mサイズに。パタゴニアは海外規格なのでいつもは一つサイズを下げて小さめにしますが、丈が短くなるのも嫌だったので若干大きめにしました。

パタゴニア バギーズショーツ
内側にメッシュのライナーが着いているのが特徴で、これがあることで水はけがよくなり乾きやすくなるんです。

パタゴニア バギーズショーツ
ポケットは若干深めになっていて、収納力も高く、Pixel3 XLのような大きいサイズのスマホでも余裕で収まります。また、右側のポケットだけ内側にループが付いているので、家の鍵など引っ掛けておけば泳いでいるときでも安心ですね。

パタゴニア バギーズショーツ
お尻を向けて恐縮ですが、身長175cm、体重65kg、中肉中背の男がバギーズショーツロングのMサイズを実際に履いたイメージです。(普段パタゴニアのフリースはSサイズを選んでます)

パタゴニア バギーズショーツ
もしかしたらSサイズでも良かったのかもしれませんが、個人的にこれはこれで悪くないなーと思いました。

僕が購入したことで、我が家では家族全員がバギーズユーザーになったので、ビーチに行くとき、プールに行くとき、川で遊ぶとき、これからはいちいち着替えなくて済みそうです。

快適でアウトドアでの楽しみが広がるバギーズ・ショーツ。キャンプをしない人にもカジュアルなサマーアイテムとしておすすめです。

タイトルとURLをコピーしました