水素で洗う「洗濯マグちゃん」がすごく良いからみんなにお勧めしたい!

この記事は約5分で読めます。

洗たくマグちゃん ブルー
ここしばらく、スマホやカメラ関係のものを買うことが多かったのですが、普段の生活で使う日用品で久々に良い商品に出会いました!その名も「洗たくマグちゃん

きっとお店に置いてあっても今までスルーしてたと思うくらい、名前とパッケージはよくある普通の洗濯用品ですが、実はその見た目からはまったく想像がつかないくらいの優れものでした。

今回は洗濯マグちゃんをオススメしたい理由と、買う前に気になっていろいろ調べたことをベースにご紹介していきます!

洗たくマグちゃんって何?

洗たくマグちゃん ブルー
洗たくマグちゃんは、高純度のマグネシウムを使って汚れを落とす、洗剤を使わなくてもきれいに洗える洗濯アイテムです。使ったことがない人からするとにわかには信じがたいのですが、その仕組みを簡単に説明すると、

  1. 水の中に洗濯マグちゃんを入れると水素が発生
  2. 洗浄力のある弱アルカリイオン水に変化
  3. 加水分解により油脂汚れが落ちる

ということになります。

マグネシウム 水素発生の様子
この動画は、水道水に高純度マグネシウムを入れたときに発生する、水素の気泡の様子。マグネシウムは水と反応すると水素を発生してアルカリイオン水を作り、水素の気泡が頑固な汚れを落としてくれるんだそうです。この小さくて細かい水素の気泡は高純度のマグネシウムを使った洗たくマグちゃんだからできるみたいですよ。

洗剤を使わず「洗浄+消臭+除菌」の3大パワー!

仕組みがどうであれ、実際の洗たくマグちゃんの効果はどうなのか?

僕も人から勧められて使ってみるまでは半信半疑でしたが、試しに洗剤も柔軟剤も使わずに洗濯してみたところ、汚れ落ちはもちろん、その消臭効果の高さに驚きました!

最初は、洗剤を使ってないのになんで?と思いましたが、水素が入ったアルカリイオン水は洗浄力が非常に高く、皮脂汚れの分解率は市販の洗濯用洗剤が30%に対し、洗たくマグちゃんも30%。つまり、洗たくマグちゃんは洗剤と同じくらいの洗浄力になってるんです。

「すすぎ」モードの時も洗濯機にはマグちゃんが入った状態なので、すすぎに使う水も洗浄力のあるアルカリイオン水に変わり、結果的に洗剤を使った洗浄よりも長い時間汚れを落としていることになるんですね。

洗濯マグちゃんに入っているマグネシウム
また、消臭効果については、マグネシウムがニオイの原因菌やカビ、汚れを丁寧に分解して繁殖を防いでくれるため、臭い成分の除去効果が高く、部屋干ししてもイヤな臭いがしないんだそうです。

マグネシウムすごい!

一石○鳥!きれいになるのは洗濯物だけじゃない!

マグちゃんのすごいところは洗濯物をきれいにするだけじゃなく、頑固なカビや汚れもきれいに落としてくれるので、洗濯槽や排水ホースまでスッキリ掃除してくれるんです。

洗剤を使って洗濯をしているときは洗濯槽や排水ホースは汚れていく一方なのに、洗たくマグちゃんだと洗濯するたびに綺麗になるなんて、こんなに楽していいのかな?って感じですね。

おかげで洗濯槽クリーナーを買わなくて済むので、これからはお金も時間も節約することができそうです!

洗濯マグちゃんの使い方

僕が買う前に気になったところでもあるんですが、使い方はすごくシンプルで、洗濯物と一緒にマグちゃんを入れるだけ。あとはいつも通りに洗濯機を回せばOKという手軽さです。

粉末にしろ、液体にしろ、洗濯用洗剤は容量に応じて量る必要がありますが、洗たくマグちゃんならポイッと入れるだけなので、小さい子供でも出来ちゃいますね。

洗たくマグちゃんは、洗剤・柔軟剤との併用も可能です。洗剤を併用する場合は、普段より少なめの量(半分くらい?)でも大丈夫です。

重量に応じた洗たくマグちゃん必要数

洗濯物の量マグちゃんの使用数
5kgまで1個+洗剤との併用
5kgまで2個(洗剤不要)
7kgまで3個(洗剤不要)
9kgまで4個(洗剤不要)

3kgまでならマグちゃん1個でも良さそうですが、5kgくらいになると水の量も増えるので厳しいですね。
僕は洗剤を使いたくなかったので、はじめからマグちゃん2個で使っています。

使用後のお手入れ・メンテナンス方法

洗濯マグちゃんを干しているところ
お手入れといっても、洗い終わった洗濯物と一緒にマグちゃんをピンチで挟んで干しておくだけでいいので、余計な手間は一切かかりません。日々のメンテナンスが楽なのも嬉しいですね。

高純度マグネシウムを使っているマグちゃんは、洗濯後、使い終わったら干すだけで繰り返し何度でも使えるんです。説明では約300回と書いてあるので、一般的な家庭であれば1年くらいは持ちますね。

使っているうちに徐々にマグネシウムが減っていき、粒が小さくなっていくということなので、300回に達したらすぐ使えなくなるわけではありません。

洗濯マグちゃんにはループが付いている

その他 気になって調べたこと

洗たくマグちゃん ブルーとピンク
商品名は漢字の「洗濯マグちゃん」ではなく、ひらがなの「洗たくマグちゃん」が正式です。・・・みたいなどうでもいいことではなく、その他の実用的な情報もご紹介します。

どのタイプの洗濯機でも使える

全自動式、ドラム式、2槽式、どの洗濯機でも洗たくマグちゃんを利用できます。
ただし、乾燥機では使えません。

一日に何回洗濯しても効果は変わらない

例えば洗濯物が多くて一日に3回洗う場合でも、マグちゃんが生成する弱アルカリイオン水の濃度は毎回変わらないため、1回目と3回目で効果が変わることはありません。

少し長めの時間設定、つけ置きが有効。

洗濯槽の中で水とマグちゃんがかくはんする時間を設けてあげると、より洗浄効果が高まるそう。標準の洗濯時間プラス10分がおすすめとのことです。また、汚れがひどいときにはマグちゃんとつけ置き洗いするといいようです。

使い終わったら植物に与えて再利用できる

マグちゃんの使用期限が過ぎたあと、ネットからマグネシウムを取り出して庭の土に埋めると、育てている野菜や花、草木などの植物を元気にしてくれるそうです。捨てずに最後まで利用できるのは環境にもいいですね。

洗たくマグちゃんをオススメしたい人

  • 柔軟剤の香りが苦手な方
  • 部屋干しをすることが多い方
  • アレルギー体質でお肌の弱い方
  • 赤ちゃん・子供用に洗剤を使い分けている方
  • 洗濯槽・排水ホースの掃除から開放されたい方
  • 地球に優しい・エコな暮らしをしたい方

洗濯マグちゃんのマグネシウムを手で持っているところ

タイトルとURLをコピーしました