ホイアンのお洒落カフェ「Cocobox/ココボックス」でスムージーを堪能

お店の外観/Cocobox・ココボックス・ホイアン
小さい町とはいえ、日中にホイアンを観光しているとそれなりに体が疲れてきます。
そしてまるでそれを待ち受けるかのように、街の中心部には適当に歩いていてもすぐに2~3件は見つかるくらい、お洒落なカフェが沢山あるのですが、今回僕が訪れたのもそのうちの一つ「Cocobox(ココボックス)」というお店でした。

オーガニック素材にこだわった人気のカフェ

Cocoboxは、外からでも店内が丸見えになるほど開放的な、オープンスタイルのお店。さほど広くはありませんが窮屈さは感じません。

店内の様子/Cocobox・ココボックス・ホイアン

スウェーデン出身のオーナーが経営しており、ベトナム産のオーガニック食材にこだわったメニューを提供しています。

店内の様子/Cocobox・ココボックス・ホイアン

席は、カウンターが5席とテーブル席が4つ、それにテラス席が2つあります。
お店の内装はベトナムっぽくはなく、外国人観光客向けのオシャレなカフェという感じ。そのためなのか、お客さんは西洋人が多かったです。

商品棚・店頭販売コーナー/Cocobox・ココボックス・ホイアン
こちらは店頭販売コーナー。両側の壁一面を使って商品が陳列されています。
値段は若干高めですが、オーガニック好きな人へお土産に買って帰るのにいいかもしれません。

商品棚・店頭販売コーナー/Cocobox・ココボックス・ホイアン
ドライフルーツやチップス、

商品棚・店頭販売コーナー/Cocobox・ココボックス・ホイアン
ティーセットなど、いろいろな種類がありました。

店内のボードメニュー/Cocobox・ココボックス・ホイアン
店内のボードメニュー。英語表記なのでなんとなく分かります。

店内のボードメニュー/Cocobox・ココボックス・ホイアン
しかしこの辺になると所々が達筆で、またかろうじて読めてもそれが何かはわかりません。お店が混んできたのでひとまず席に着くことにしました。

紙のメニュー表/Cocobox・ココボックス・ホイアン
カウンターに座ると、ちゃんと紙のメニューも置いてありました。
ただ、敢えてなのか紙がシワシワでシミだらけ。宝の地図みたいです。

紙のメニュー表・ドリンク/Cocobox・ココボックス・ホイアン
こちらの方はドリンク名の下に何の食材が使われているかが書かれているので、はじめての人でも参考になります。

僕は豆乳ベースのマンゴーとバナナのスムージー「RELAX THU BON (60,000VND)」を注文しました。

カウンターキッチン/Cocobox・ココボックス・ホイアン
オーダーを受けるとその場で調理を開始します。人気のお店なので次々とオーダーが入り、お店の人も大忙し。それでも店員さんは気さくでとても感じが良かったです。

バナナケーキ/Cocobox・ココボックス・ホイアン
目の前にはバナナとチョコレートのケーキが置いてありました。美味しそうで見てると食べたくなります。

RELAX THU BON(リラックス トゥ ボン)60,000ドン/Cocobox・ココボックス・ホイアン
おおよそ5分位で、注文したスムージーが出てきました。
何の色が勝ったのか分かりませんがグリーン色になってます。表面には少しだけシナモンが加えられていました。

また、写真で見ても分かる通りドリンクの容器はメイソンジャーと呼ばれる、最近主婦やOLの間で話題のものを使っていました。

さっそく飲んでみると、バナナとマンゴーのフルーティーな甘さが、豆乳によってマイルドになっていて、それをスムージーにすることでさらに飲みやすくなっています。これもオーガニック素材だけで作られていると思うと、飲んでるだけで健康になれる気がしてきます。

RELAX THU BON 空容器/Cocobox・ココボックス・ホイアン
疲れた身体には丁度いい甘さと冷たさで、美味しくゆっくり休憩することが出来ました。

ちなみに今回注文した「RELAX THU BON」は日本円で300円くらい。
ベトナムコーヒーが100円なので現地価格としては高めですが、おそらく日本で同じようなのを頼むと倍以上はしますので、お得感があります。

ベトナムコーヒーもいいですが、あちらはとにかく甘さが強いので苦手な人も多いかもしれません。こだわりのオーガニックメニューを堪能したい人や、お洒落なカフェで一休みしたい人におすすめのお店です。

 
 
『Cocobox』はこの場所にあります

 
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告