マツモトシェイブアイスでモヤさまTシャツを購入!&松本さんとお喋り-ハワイ3日目#7

お店の看板/マツモトシェイブアイス(Matsumoto Shave Ice)
真夏ほどではありませんが日中の日差しは体力を消耗します…。やっぱり暑いときはかき氷!ということで、パタゴニアで買い物をした後は元祖ハワイのかき氷『マツモトシェイブアイス』を食べにいきました!
 
 
お店の前 外観/マツモトシェイブアイス(Matsumoto Shave Ice)
凄い行列のイメージがあったので心配していましたが、訪れた時間がよかったのか、この時はベンチに座って食べられるほどのお客さんでした。
 
 
店内風景 Tシャツ/マツモトシェイブアイス(Matsumoto Shave Ice)
こちらは店内の様子。沢山のTシャツや雑貨が並んでいますが、殆どの人はシェイブアイスが目当てのようでした。
 
 
店内でシェイブアイスを注文/マツモトシェイブアイス(Matsumoto Shave Ice)
お店に入ってすぐ正面、注文カウンターへと続く列に並びます。観光客だけでなく地元の人も結構いましたね。
 
 
シェイブアイスのメニュー(価格表)/マツモトシェイブアイス(Matsumoto Shave Ice)
かき氷のサイズと好きなシロップを注文するようです。アイスクリームとあずきをトッピングしたバージョンもありました。
スモールサイズ($2.50)とラージサイズ($2.75)の価格差があまり無いので、沢山食べられる人はラージサイズがお得ですね。僕はあまり量が食べられないのでスモールサイズを二人でシェアしました。
 
 
レインボー(Rainbow)/マツモトシェイブアイス(Matsumoto Shave Ice)
注文したのはスモールサイズのレインボー。英語であれこれリクエストするより楽だったので、最初からシロップが決まっているコンビネーションにしました^^;
実際にみると本当に色鮮やかで綺麗。シロップも一度にいろいろ楽しめるので嬉しいですね。
 
 
お店のベンチで食べる/マツモトシェイブアイス(Matsumoto Shave Ice)
お店の前のベンチで休憩。思っていたよりお客さんの回転も早く落ち着いて食べることが出来ました。
 
 
オーナーの松本さんと記念撮影/マツモトシェイブアイス(Matsumoto Shave Ice)
写真を撮っていたらマツモトシェイブアイスのオーナー、スタンリー・マツモトさんが話しかけてくれました。テレビでも人柄が出ていますがとても気さくな方で、なんだかんだでトータル10分くらいはお話をしていたと思います。記念撮影にも快く応じてくれました。
 
 
お店でTシャツを買う/マツモトシェイブアイス(Matsumoto Shave Ice)
記念に何かお土産を買おうと思っていたのですが、ちょうど松本さんが着ていた「モヤさまコラボTシャツ」がカッコ良かったので同じものを買うことに。生地もしっかりしていてなかなかのクオリティーです。他のデザインも見せてもらったり、サイズ選びまで親身になって対応してもらいました。
 
 

来てみてわかったこと

ノースショア道路工事/マツモトシェイブアイス(Matsumoto Shave Ice)

工事中で駐車場が使えなかった

ハレイワの街全体で大規模な工事をしていた為、マツモトシェイブアイスの駐車場が使えなくなってました。仕方がないので一度通り過ぎて、離れた場所に車を停めてから歩いてお店まで行きました。

時間帯によるのか、そこまで混んでいない

テレビや写真でみるといつも混雑しているイメージだったので、炎天下の中で立ち食いしなければいけないかもと思ってましたが、実際にはベンチに座ってゆっくり食べられました。ちなみにこの時は午後1時前に着きました。

スモールサイズが日本の標準サイズ

初めてだったので、どのサイズでいいのか分からず小さめを頼みましたが、結果的にはスモールサイズで十分でした。日本の標準サイズのかき氷とほぼ同じです。

雑貨はクレジットカードOK。ただし時間がかかることも!

Tシャツを買った時にクレジットカードで決済したのですが、お店の端末の調子が悪いのか、ケーブルの回線が遅いのか、なかなか決済処理が進みませんでした。従業員のお姉さんも「これいっつも遅いの!」とうんざりしながら何度もトライしていましたので、こちらでクレジットカードを使うときは気長に待つ心積りでいましょう^^
 
 

動画もどうぞ

マツモトシェイブアイスの松本さんが嵐について語る


 
 
▼マツモトシェイブアイスはここにあります

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告