海外旅行でおすすめのモバイルWi-Fiルーター『イモトのWiFi』をベトナム・ダナンで使ってみました

イモトのWi-Fi/ベトナム・ダナン/モバイルWi-Fiルーター
こんにちは、田口です。

国内での旅行はもちろんですが、海外旅行をしている時も、Googleマップで地図を見たり、観光地や飲食店の情報を調べたりで、インターネットを利用したくなる機会は沢山ありますよね。

最近はSIMフリーのスマホを持っている人も増えてきて、現地のSIMカードを購入してネットを利用するなんてことも一般的になってきましたが、持っている端末がSIMフリーではなかったり、現地での手続きに不安がある人にとっては、やはり海外対応のモバイルWi-Fiルーターが手軽でおすすめです。

【海外対応】モバイルWi-Fiルーター レンタル事業者

海外用のWiFiレンタルを行っている事業者は沢山ありますが、一般的なのはこの辺りだと思います。

このうち、エクスモバイルは過去にバンコクで利用したことがありますが、電波の受信もよく、使いたい時には問題なく繋がりました。
電源はつけっぱなしではなく、使いたい時にだけONにするという感じだったので、バッテリーの持ちも十分でした。

最初はダナンもエクスモバイルでいいかなと思ったのですが、どうせなら違う事業者のも試してみようと、今回はイモトのWiFiを借りてみることにしました。

ダナンの場合、5日間だといくらかかる?

イモトのWiFi・ベトナム・ダナン・料金・価格/モバイルWi-Fiルーター
イモトのWiFiでは、旅行スタイルや滞在日数に応じた料金プランがいくつかあります。
今回は日程が4泊5日で、ベトナム一カ国のみでの利用だったので、レンタル日数「5日間」の「カントリープラン」を選択しました。

渡航先の国によって一日あたりの料金が変わるのですが、ベトナムは対象国Bになるため、一日あたり980円となります。

なので僕の場合は5日間で4,900円になりました。

渡航先が、インド/タイ/フィリピン/マレーシア/中国/台湾/韓国/香港(マカオを除く)であれば、対象国Aの680円/日となるので、もうちょっと安く借りられます。

ちなみに、ベトナムはハノイ、ホーチミン、ダナンと主要な都市が3つありますが、渡航先の選択項目では「ベトナム」しかなかったので、ベトナム国内であればどの都市でも使えるようです。

実際に現地で使ってみた感想

結論から言うと、利用エリア、回線スピード、バッテリーの持ち、ともに問題なく快適に使えました

行動範囲が主要な観光地くらいだったのもあり、使用中に電波が拾えないなんてことは無かったです。

また、ダナンはモバイル通信の規格がまだ3Gまでしか利用できないので、回線スピードが心配でしたが、地図やネット検索くらいであればとくにストレスを感じることなく表示されました。

レンタルしたWiFiルーターは「ZTE MF910」という端末で、バッテリーは2300mAh(連続通信時間:約8時間)のものでした。
バンコクの時と同じく、基本的には必要なときだけ電源を入れて使っていましたが、一度だけ試しに1日中電源を入れっぱなしにしたところ、夜まで十分にバッテリーは持っていました。ずっと通信中じゃなければ、電源入れっぱなしでも平気そうです。

返却は空港の専用BOXへ投函するだけ

イモトのWiFi 成田空港返却口・受付カウンター・北ウィング 1階到着ロビー
旅行を終えて帰国したあとは、WiFiルーターを速やかに返却しなければいけません。
手続き時に返却方法を選べるのですが、宅配(送料自己負担)のほかに、空港内の専用BOXへの投函も選ぶことができます。

ベトナム航空の場合は到着が成田空港の第1ターミナルだったので、北ウィング1階の到着ロビーにある、エクスコムグローバル空港カウンターで返却しました。写真の◯で囲ったところが返却ポストです。

最後に、今回の旅行で分かったこと。

ダナンの公衆無線LANは期待できない

ダナン市では、2013年から市全域に公衆無線LANを整備し、公共施設や観光客が多く集まる地区では無料でネットができるようになったそうです。
当初は公衆無線LANが使えるならモバイルWiFiは必要ないかなーと思っていたのですが、実際のところはアクセスポイントは沢山あるものの、満足に利用できるものは殆どなかったように思います。
ホテルや、ちょっと小洒落た飲食店のWi-Fiは安定していますが、それ以外は使えないものと思っておいたほうがいいですね。

WiFiルーターの端末はバラバラ

今回、訳あってイモトのWiFiを2つ借りたのですが、一つは「ZTE MF910」、もう一つは「ZTE MF60」と、同じ契約内容でも端末がバラバラで手配されていました。(予約時に端末の指定はできません)
通信自体には影響ありませんが、「MF910」は2300mAh、「MF60」は1500mAhと、バッテリーの容量が異なるので、使用頻度が高くてMF60が届いた人は、予めモバイルバッテリーを用意しておいたほうが安心かもしれません。
 
 
海外でもネット環境があると、困った時にすぐ調べられたり、LINEで連絡を取り合ったりできるので、本当に心強いです。
少しでも不安を解消できれば、その分旅行を楽しむことができますので、海外に行くときはぜひ「モバイルWi-Fiルーター」を借りてみてはいかがでしょうか^^

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告