いざ出発!おすすめの両替所と機内食を紹介-ハワイ出発編

ハワイ旅行 スーツケース

9月23日、心待ちにしていた出発の日がやってきました!
この半年間はネットや旅行誌を見ながら何度もプランを練り直したり、テレビでハワイが映る度に食い入るように見てました(笑)

日本からハワイに行くほとんどの飛行機は、夜中に出発して、ホノルル空港には朝方到着します。なので昼間は普段通り仕事をしてそのまま空港に向かう、なんてこともできたのですが、出発日はちょうど「秋分の日」だったため仕事はお休み。

おかげでゆっくり荷造りできましたが、それでも午前中で済んでしまい、残り半日はソワソワした気持ちで時間を持て余していました。

早めに成田空港へ向かう

成田空港出発ロビー

結局やることも無かったため、予定よりも早めに空港に行くことにしました。(これがあとで功を奏します)

成田に到着し、搭乗手続きを済ませてゆっくり夕食を食べようと思っていたのですが、ここで問題発生。単純に僕のミスですが、航空券を予約したときのローマ字が、パスポートの表記と違っていたようです。

具体的に言うと、もし「ゆうき」という名前であれば、ローマ字で「YUKI」としなければいけないところ、僕は「YUUKI」と入力していました。

自分の名前は打ち慣れてるので問題ありませんでしたが、嫁の名前でこのミスをしてしまいまして、厳しいアメリカでは入国できないこともあるそうです。

すぐに大韓航空のスタッフさんが再発行の手続きをとってくれましたが、かなり複雑(面倒)な処理になるらしく、無事に再発行が完了したのはそれから1時間後

空港には早く着いたので時間の余裕はありましたが、受付開始時刻から手続きをしたのに、気がつけばそのフロアにいるお客さんは自分たちだけとなっていました…

みなさん、チケットを取る際は気をつけましょうね!

円からドルに両替する

成田空港 両替所

なんとか旅行が継続できてホッとしたものの、かなり時間が押してしまいました。次は急いで両替に行きます!

空港で両替できるのはとても便利なのですが、どの外貨でも手数料が高く、基本的にレートはよくありません。なのでいつも空港では必要最低限の金額にして、あとは現地で両替することにしています。

今回は現地についてから両替するまでの間に使う、送迎ドライバーへのチップや飲食代として、2人で1万円分を用意しておくことにしました。

空港ならどこで両替しても大差ないと思いますが、今回は成田空港の第一ターミナル、北ウイング「G」付近にある「グリーンポート・エージェンシー(GPA)」を利用しました。

普通は専用の用紙に、どの通貨をいくら用意するかなどを記入するのですが、こちらは窓口で行き先を伝えて1万円を差し出せば、あとはスタッフの方が対応してくれます。

米ドル両替パック

内訳の明細もわかりやすいですね。チップとして使いやすいよう1ドル札を多めに用意してくれるので、海外旅行がはじめての人にも優しい配慮です。

いよいよ夕食、のはずが…

成田空港

両替も終わり夕食にしようとレストラン街へ向かっていたのですが、時計を見ると何気に余裕がなくなってました。

注文してすぐに料理が出てくれれば間に合いますが、調理に10分とか掛かるとちょっと危ない。やはり搭乗手続きでの1時間ロスは痛かったです…

空港で食べなくても機内食は出るのですが、行きの飛行機はあまり食事をとらずに寝ていたほうが時差ボケを防げるという情報があったので、できれば空港内で済ませたかったんですよね。

レストラン街まで移動してまた戻ってくる時間を考えたら、ゆっくり食べる時間はほぼなかったので、今回は止む無く機内食を食べることにしました。

20:50 搭乗開始!

大韓航空 搭乗ゲート

出国審査を通ったあとも食べるお店はあるだろうと期待していましたが、時刻が21時近くともなるとほとんどのお店は閉まってるんですね。

唯一マクドナルドが開いていたのでそこだけ行列ができていましたが、それこそ無理してこの時間に食べるものでもないなと…

搭乗ゲートに着くと、すでに同じ便に乗る人が大勢待っていました。

しばらくして、いよいよ搭乗開始。

大韓航空 座席
窓際の2列シートだったので、両隣に気を使わずに済みそうです。

大韓航空 スリッパ
座席にはブランケットとクッションの他に、スリッパと歯ブラシが用意されています。

韓国製ミネラルウォーター
韓国製のミネラルウォーター。特に癖もなく普通に飲めました。

機内食がでる

大韓航空 機内食 夕食

日本時間でいうと22:30頃、最初の機内食が出ます。

空港で食べ損ねたものの、仮眠をとっていたせいかそこまで空腹感はありません。
時差ボケ防止のためにもそのまま食べずにいようかと思ったのですが、手際よくオーダーを取りに来るCAさんの勢いに押され、気がついたら「チキンプリーズ」と叫んでました。

ちなみに大韓航空の名物といえば「ビビンバ」ですが、これから寝ることを考えると胃を刺激するようなものは避けたかったので、行きの便では見送ることに。

機内食の味は可もなく不可もなく。チキンに玉子がかかっているので、ちょうど電子レンジで温めて食べる親子丼みたいな感じでした。完食はせず軽めに終了。

仮眠→映画→仮眠

仮眠中

食後、トイレで歯磨きをしてから再び仮眠をとることに。

首枕、マスク、アイマスク、耳栓、の完全武装で挑みましたが、やはりエコノミー席では満足に眠ることができませんね。
電気が点いているうちは周りのお客さんも談笑しているので、耳栓をしているとはいえやはり気になります。

なのでどうしても寝付けない時は映画を見て、また眠くなったら仮眠というのを繰り返していました。

2回目の機内食が出る

大韓航空 機内食 朝食

日本時間でいうと3:30頃、2回目の機内食が出ました。

前回の食事からあまり時間は空いていませんが、今回は朝食ということになります。お腹は空いていませんでしたが、体内時計のリセットのためにもしっかりいただきました。

飛行機から見た空の景色
外を見るとすっかり明るくなっていました。
寝不足ですが、あと数時間でハワイに着くと思うとワクワクしてきます!

動画もどうぞ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告