ウミガメビーチこと「ラニアケアビーチ」で野生の海ガメ探し!-ハワイ3日目#8

ウミガメに触ってはいけない・注意の看板/ラニアケアビーチ(Laniakea Beach)
ノースショアに来たらぜひ立ち寄りたいビーチが「ラニアケアビーチ」。別名ウミガメビーチとも呼ばれるこの砂浜には、野生の海亀が甲羅を干すために頻繁に上陸するという何とも不思議な場所なんです。

レトロな白い橋「ハレイワレインボーブリッジ」を通る

ハレイワレインボーブリッジ(Haleiwa Rainbow Bridge)/ノースショア
マツモトシェイブアイスからラニアケアビーチに向かう途中、レトロなアーチ状の白い橋を渡ります。正式名称は「アナフル橋」というのですが、虹の形をしていることからハレイワレインボーブリッジと呼ばれており、こちらも有名な観光名所です。この橋を車で通るのですが、道幅が狭いのでレンタカーで通るのに若干緊張しました^^;
 
 
向かう道/ラニアケアビーチ(Laniakea Beach)
アナフル橋を通り抜けるとひたすら海岸沿いになります。この時はまだ天気も良くて地面も乾いてました。
 
 
駐車場/ラニアケアビーチ(Laniakea Beach)
ビーチ近くの駐車スペース。途中、何度もバケツをひっくり返したような強いスコールに見舞われました。幸いにも車の中だったので濡れずに済みましたが、このときビーチで海亀を見ていた人達はずぶ濡れになったでしょうね・・・
 
 

少し迷ったけど、ラニアケアビーチに到着!

入り口風景/ラニアケアビーチ(Laniakea Beach)
道路からビーチに降りるとすぐにこの光景が広がります。運が良ければここでも見られるみたいですね。
 
 
ウミガメに触ってはいけない・注意の看板/ラニアケアビーチ(Laniakea Beach)
ウミガメウォッチングの注意事項。ちゃんと日本語でも書いてくれているのでルールは守りましょう。
 
 
海岸風景/ラニアケアビーチ(Laniakea Beach)
しばらく辺りを見回しましたが、砂浜にはウミガメはいないようです。(もしかしたらさっきのスコールで海に戻っちゃった?)ここへ来れば必ず見られるとは限りませんが、せっかくなので1匹でもいいので見たいところ。
 
 
ビーチ/ラニアケアビーチ(Laniakea Beach)
人だかりのある方へ行ってみると、みんな海側を向いて何かを見ていました。
もしかして・・・
 
 
ウミガメの影/ラニアケアビーチ(Laniakea Beach)
いました!海の中で、波にまかせてふわふわ漂っているウミガメです!息継ぎをするためにときどき海面にちょこんと顔を出すのがカワイイ^^(動画を参照)
しばらく待ってましたが、人間の思惑を知ってか知らずか、砂浜に上がりそうで上がらない焦らし感が絶妙です(笑)
間近で見ることは叶いませんでしたが、最終的には2匹のウミガメを見ることが出来て満足しました。
 
 

来てみてわかったこと

ビーチの入り口がわかりづらい

特に看板が出ているわけではないので、初めて訪れるときはちょっとわかりづらいと思います。強いて言えば人だかりが目印ですが、このときみたいに強いスコールがあるとみんな避難してしまうので、僕は気が付かずに通り過ぎてしまいました^^;

駐車スペースについて

ラニアケアビーチの駐車場については情報が無くて現地に行ってみるまで分からなかったのですが、ハレイワタウンからラニアケアビーチへ向かう進行方向に対して、走行車線沿い(右側)の路側帯にみんな車を駐めていました。整備はされておらず、土が剥き出しになっていて車止めもありません。
ビーチ付近はとても混み合っているので、走っていてタイミングよく空いていれば駐められるといった感じです。万が一ここがいっぱいでもちょっと先にいけば駐められます。

ノースショアはスコールが多い?

運良く車の中だったり、建物の中だったりで雨に打たれることはありませんでしたが、ノースショアに着いてから頻繁にスコールに遭遇しました。濡れても平気な人であれば問題ありませんが、そうでない人はいざというときに備えて雨具を常備しておいたほうがいいかと思います。
 
 

動画もどうぞ

1:55 あたりから海がめの動画です。


 
 
▼ラニアケアビーチはここにあります

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告